surf fishing manual..

   chapter 3-3〜 マゴチ

  マゴチの立場
まあ、見た目がイマイチだし、ヒラメのように高級魚のイメージもありませんが、それでもターゲットとして以前よりは人気が出てきたでしょうか?。ヒラメより簡単に釣れると思われているようですが、私は魚影の濃さの問題だと思ってます。ただ、ポイント選びという点では、ヒラメよりルーズでも釣れるというのが本音です。

千葉で狙うなら波静かな内湾サーフでも釣れるので、気象条件に左右されにくいのが一番の魅力かもしれません。ちなみに、千葉県は南房サーフだと、5月〜12月がシーズン、トップシーズンは6月〜10月、平均サイズは45センチ位でしょうか。

 ■ 攻略法
 ミノープラグ
私はほとんど12cmクラスのF・ミノーで狙ってます。専門に狙っている時にはそこそこ高確率で釣ってます。
2004年は10匹釣って平均サイズは約42cm。最小30cm、最大52.5cmでした。
30cmは私の最小記録。普通、このサイズは12cmクラスののミノーを投げているとほとんど釣れません。
 フルキャスト
一番効率がいいのは岸近く狙いだとは思いますが、私は大抵の場合フルキャストしてます。
ただ、50cm潜る12cmのルアーをフルキャストして着水地点の水深が仮に2mとすると、水深1.2m位になる場所までマゴチ狙いでは無駄になります(底から70cmまでがバイトレンジとして)。40mルアーが飛び、海が直線的に浅くなるとすると仮定すると、マゴチが釣れるのは手前の24m。とすると16m、ルアーが潜るのにある程度の距離がいるとしても12m程は無駄になる計算です。よって、このルアーでマゴチだけを狙うならフルキャストは無駄です。1m潜るルアーで狙えばほぼ無駄はないことになります。
 ランガン?
シーバス・ヒラメに比べて回遊性は低いと思われるので、こちらから出向くランガンスタイルがお勧め。
時合が来ているなら、積極的にランガン。
ただ、一箇所で粘って釣れることもあるのでランガンが絶対とは言い切れません。
粘って釣れたマゴチは、新たに攻めていたエリアに入ってきたのか?、それとも今までそのエリアにいた魚が潮が動いたのを契機に口を使ったのかは解りません。
考えれば考えるほど分からなくなってきますが、今の所の結論は次の通りです。
1、朝マズメはメリハリのあるランガン有利
2、日が昇り朝マヅメの時合が過ぎたら、ランガンして探し出したベストエリアで次の時合を待ちながら粘る
 レンジ重視
リトリーブスピードよりは、攻めるレンジの方が大切だと思ってます。リトリーブスピードは、使っているルアーで狙うレンジを攻められるスピードで回せばOKです。
オススメは、内湾のサーフなら、底から3〜40センチ位のレンジに、ルアーを一般的なミディアムスローのスピードで通してやるのが一番というのが今のところの結論です。このレンジだとファストでもバイトしてきます。
70センチ位のレンジをアピールの強いルアーでスローっていうのもいい感じ。ファストはキツイです。
1メートルを超えると、さすがにスローで誘ってもルアーを追わないような気がします。
このぐらいが、マゴチの捕食のスイッチが入るレンジとスピードの関係だと思っています。
ただ、外海向きのサーフだとそう巧くいかないことも多いので、この場合は、ルアーを泳がせるレンジを優先します。底から50cmを意識しています。
 ルアー
マゴチはウォブリングとフラッシング(光物)に弱いと信じてます。アピール系ルアーがベスト。
シマノのヒラメスペシャル125Fやジップベイツのザブラシステムミノー11Fあたりがユックリ引けてバタバタと動くので効果的です。
>> chapter 4

surf fishing manual >> サーフへの誘いサーフの攻略法シーバスヒラメマゴチタックルルアー