surf fishing manual..

   chapter 3-1〜 シーバス

  やっぱりシーバス
ヒラメ・ヒラメと何かと騒がしい昨今ですが、どう考えてもサーフのメインはシーバス・・・・でしょ?。釣れる数・サイズにあのファイトを考えれば、メインはやっぱりシーバス。眩しさを感じるほどのシルバー・ボディ、サーフで釣れる個体はグッド・コンディションのものばかりだ。だた1つだけ難点があるとすれば、旬の夏はなかなか釣りにくいってことかな。

 ■ 攻略法
 フルキャスト
使用するロッド・ルアー・ラインにもよりますが、ショアから50メートル以内がミノーの射程距離。フルキャストしておけば間違いないけど、どのあたりで釣れるのかが分かれば効率的ではある。でも、これはなかなか難しくて・・。凪だと手前で釣れそうな気もするけど、ルアーの着水直後にヒットしたりするし、激荒れの海の寄せ波の中で喰ってきたりもするし・・。そうならば基本はフルキャスト。特に凪&アングラーが多いハイプレッシャー時は投げておいたほうが無難。とは言っても、追い風にルアーを乗せて、流れもカケアガリもない無いところに投げても確率低いかも。気分爽快、ストレス発散にはなるけどね。

フルキャストするにしても・・・
海が時化気味の時は、着水から回収までず〜っとルアーが綺麗に泳ぐなんてことはない。なので、ある程度バイトゾーンがイメージ出来るなら、その範囲でルアーが綺麗に泳ぐようにタイミングを計ってキャストするのが吉。バイトゾーンの把握は、流れの有無・ベイトの居場所、地形等ですることになります。
 流れを探せ!
サーフのポイントはシーバス・ヒラメ・マゴチと基本的に共通している。ただ、それぞれのターゲットによって何を重視すべきかが異なるというのが私の考えです。では、シーバスでは何を重視するか?

ずばり、流れ。

サーフのポイントって分かりやすい時もあれば、分かり難い時もある。分かりやすい時に滅茶苦茶な場所でキャストしている人はほとんどいないけど、それでも釣果に差が付くのが現実。「それは運だろ?」って思うのは勝手だし、確かに運ってこともある。だけど運でなんとかなるのはそこそこのサイズまでで、ランカーとなると運頼みでは確率低し。もちろん、そのサーフの特性(河川のあるなし等)による部分が占める割合も大きいと思うけど、流れを重視するのはどのサーフでも重要だと思う。シーバスは流れの強い場所にいる。大型ほどこの傾向が強い。それが私の経験論。

 流れの探し方
では、どうやって流れを探すのかを、1つの方法論として以下に示します。
サーフ・プラッキングに慣れるまでは、なるべく同じルアーをパイロット・ルアーとして使うことをお勧めします。そして、そのルアーを同じ引き抵抗で使うことを意識します。その日その日の海況に応じて、ルアーを引くスピードを調整。”いつもの”引き抵抗になるようにします。”いつもの”が大切。そのリトリーブ・スピードでランガンしながら重く感じる場所を探すのが基本となります。

では、どれくらい重く感じればいいか?。

それは経験の積み重ね。
潮の上げ下げ、風向き、荒れ具合、ルアーの流され方、地形との絡みで総合的に流れを見つけても、まだ強い流れがあるはずと判断すれば再びランガン。相当いいなと思えば粘る。既にマズメで8割方満足するなら粘るとか、満足できないから移動する、前回釣れた場所だからと縁起を担ぐかは経験とあなたの性格次第。
 ルアー
慣れてくれば、使うルアーを増やせばいいし、場所を絞ったあとでローテーションしてもいい。
引き抵抗の強いルアーよりは弱いルアーのほうが流れは見つけやすい気はします。
私の今現在のお勧めルアーは、ダイワのSL14です。
>> chapter 3-2

surf fishing manual >> サーフへの誘いサーフの攻略法シーバスヒラメマゴチタックルルアー