surf fishing manual..

   chapter 3-2〜 ヒラメ

  憧れの座布団ヒラメ
房総半島、サーフから釣れるヒラメはせいぜい50cmまで。これは多分、3年もの。これ以上のサイズは,
なかなか釣れない。おそらく3年を境に、ヒラメの生活・捕食環境が変化するのでしょう。大型は余程のことが無い限り、シャローには寄ってこない。結局、ヒラメは本来サーフで釣るものではなくて、”サーフでも”釣れるが正解だと思います。少なくとも南房では。これを知らずに雑誌等メディアに踊らされてヒラメ・サーフルアーをはじめると、「釣れない、小さい」で嫌気が差すことでしょう。初めてのヒラメなら、どんなに小さくても大興奮なんですけどね。それでも今は、私が始めた頃と違って、ある程度ヒラメを釣るための方法論が確立されているので、ヒラメサイズへの道のりは近くなっているはずです。

それとですね、50cm以下がソゲでそれ以上がヒラメと呼ぶとすっきりするな〜っと思ってたりもします。

なにはともあれ、釣れれば嬉しいのがヒラメ。憧れの座布団ヒラメ。いつかはあなたもその手に。

 ■ 攻略法
 ミノープラグ
房総ならミノーで”ほぼ”勝負できます。それもフローティングで”ほぼ”いけます。フローティング・ミノーで攻めるのが私のスタイル。ヒラメの時合はマズメが全てと言っても過言ではありません。マズメの時間帯を大切にしないと、一気に捕獲率が下がります。マヅメは魚の活性が高い時間帯だし、この面からも、手返しのよいミノーに分があるのではないでしょうか。

とはいえ、ミノーでは釣れないヒラメが潜んでいることも疑いのない事実です。飛距離の問題、攻められるレンジの問題、ヒラメの活性の問題などが原因でしょう。それに休日で身動きできなければ、その場で結果を出すために最大限の努力をするしかないですよね。色々と試すのは、当然のことと思います。現実的にはTPOに応じてってところでしょうか。
 ヒラメは根魚
ヒラメは回遊性の根魚が私の持論。持論だけど、誰かが先に言っていたような記憶もあります。
では、なんで砂ばかりのサーフに寄ってくるんだ?。これはベイトと産卵絡みでしょう。サーフがヒラメ狙いのメインステージだと考えてしまうと、座布団は遠のくかも知れません。根魚だということを頭の中にイメージして置いたほうが、ヒラメに、座布団ヒラメに一歩近づくと思います。
 地形的変化が肝!
根魚をサーフで釣る。ここから導き出せる答えは単純明快。
@根
A地形的変化
を重視します。
私が釣った2枚の座布団ヒラメのうち、一枚は根周り、もう一枚は離岸流で釣っています。
私が釣ったもの以外の座布団ヒラメが釣れた場所も、ピンポイントで何箇所か当時の状況を把握してますが、離岸流、根周りがやはりポイントとして強いです。なんでココで?って場所もありましたが、私には知りえない何かがきっとあったのでしょう。

50以下ならそうシビアにならなくとも釣れますが、大型を狙うならこのアタリはこだわりたいところです。
「離岸流なら流れだろう?」。と思われる方もいるかもしれませんが、その下には掘れてる地形があります。私は流れよりも、その地形のほうをより好んでいるんだと思います。そうそう同じ離岸流でも、出来立てのものよりは長い間あるものに実績がありますよ。
 情報戦!?
もし、どうしても座布団が釣りたいのなら・・・・

前日釣れた場所に1週間毎日通えるのなら、釣れる確率は飛躍的にアップすることでしょう。それでも低確率には違いはありませんが・・。では、どうやってピンポイントで釣れた場所を割り出すか?または、釣れたエリアを絞り込むか?。それは現実問題として教えてもらうしかありません。ただ、仮に場所が分かったとしても、その情報は沢山の人が知っていると考えるべきでしょう。つまり、釣り場は大混雑しているはずです。ただでさえ、房総のサーフは現在、どこも大混雑。いいポイントを真夜中から押さえたとしても、斜めキャスト攻撃や、割り込み、挟み撃ち攻撃など、嫌な思いをすることも多いです。平日釣行できるのならまだしも、情報戦に意義があるとは私には思えません。

 脱線
個人的には急がず、一歩一歩、自力でスキルアップしつつ、その過程で釣るのがカッコイイし、それがサーフの王道だと思っています。自分の足でしっかりと砂の上に立つのがカッコいいんじゃないかな。
 ルアー
2m位の水深なら、表層までルアーをアタックしてきたヒラメを釣ったことはありますが、トップで狙うのは現実的とは思えないので、結局のところは底から1m以内をキープしてミノーを引きたいところです。房総なら何とかヒラメスペシャルや裂波で攻略できる水深ですね。私は専用設計のヒラメスペシャルがデザインと飛距離以外、すべて上だと思っていますが、両方とも実績があるので好みの問題。飛距離優先なら裂波ということになるでしょう。1m〜1.5m位の水深なら、そう難しく考えなくても、気に入ったルアーを投げていれば釣れると思いますよ。

カラーに悩むのなら、マズメならいわゆるヒラメ・ゴールドでいいと思います。日が昇って光量が増えてきたらシルバー系それもギラギラするルアーにチェンジ。ギラギラはマゴチだけじゃなくて、ヒラメにも効きます。活性の下がったヒラメも喰ってきますよ。

最後に、ルアーを泳がせる深さは、可能な限り浅いほうがより広範囲に潜むヒラメにアピールできます。可能な限りとはどれくらいか?。それは時合との兼ね合いで決まります。活性が高い時は浅く引き、ルアーを気付かせることに重点を置き、活性が低い時は深く引き、目の前に通してリアクションで喰わせる。そんなイメージです。
>> chapter 3-3

surf fishing manual >> サーフへの誘いサーフの攻略法シーバスヒラメマゴチタックルルアー